SONZなポチ

インターネットの向こう側からこんにちは

CMSで雑誌に記事が載っちゃいました。

5dd94eaf.jpg Windows Developerマガジン2005/05月号に、『Windowsシステム拡充プロジェクト・業務システムの最適解を目指す』を執筆しました。(巻頭記事:20P〜23P)

 自分たちのプロジェクトは、より良いものを目指す研究開発者の志と、ユーザーの視点を常に対極に置きながら進めるように、汗+汗しています。
 より良いシステムとは?
「i-SITE PORTAL」開発にかける思い最適解を求める過程などを、恥ずかしげもなく紹介しています。

・ Windows Developer Magazine

・ Windowsシステム拡充プロジェクト/「i-SITE PORTAL」

 (と、嬉しげに、、、

Honda F1 灼熱のバーレーンGP 1回目予選で、バトン12番手、佐藤13番手

第3戦 バーレーンGP 1回目予選
4月2日・土曜日(1回目予選) 天候:晴れ 気温:41C
 
Honda プレスリリース
 
 気温41Cという、灼熱のバーレーンGP2日目に行われた1回目予選で、Lucky Strike B・A・R Hondaの2台は不利な出走順でタイムアタック。ジェンソン・バトンは12番手、佐藤琢磨は13番手の暫定グリッドを獲得した。
 前日に続いて快晴となった、バーレーン・インターナショナルサーキット。午前9時の時点ですでに気温は33Cまで上がっているが、路面温度は25Cほどしかない。コース上には再び細かい砂が降り積もっていたこともあり、3回目のフリー走行セッションは、前日と同様に走行を控えるマシンが多かった。それでも4回目のセッション以降は、前日のタイムが次々と更新されていく。
続きを読む

Honda F1 バーレーンGP 初日フリー走行でバトンが9番手、佐藤は12番手タイム

第3戦 バーレーンGP 初日フリー走行
 
4月1日・金曜日(初日フリー走行) 天候:晴れ 気温:38C
 
Honda プレスリリース
 
第3戦バーレーンGPの初日午後のフリー走行で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンは9番手。佐藤琢磨はセッション半ばにエンジンをストールさせてしまい満足に走リ込めなかったものの、セッション終盤にはコースに復帰し、12番手に付けた。
前回のレースを病気欠場した佐藤だったが、バーレーンにはいっそう日焼けした元気な顔で登場した。
続きを読む

Honda F1現場監督・中本修平レポート vol.47「去年とは違う戦い方を強いられる。悩ましいところです。」

  マレーシアGPを病気欠場した佐藤琢磨も、次戦バーレーンGPから無事復帰の予定。エンジントラブルも完全に対策を施した。とは言え、今後も苦しい戦いが続きそうだ。
-------------------------------------------
 
 今シーズ、空力がテールトゥーノーズのような状況で外部の影響を受けやすいようだが、バーレーンGPの戦略にどう影響するのか、何よりタイヤ交換の規制をどう解決するのか、、、
 2週間、あっという間、どこまでブラッシュアップできたか、楽しみと期待が尽きぬところです。
 

Choby が 怒る〜〜〜 (笑顔)

94350cde.jpg
この このぉ〜〜〜 怒ったぞぅ〜〜
って ところかな?
 
 たずらに いらも怒る しいな つものChobyが アピールよ
 
もっと食べさせてくれてもいいだろうという抗議のようでもありますね。
でもねぇ〜〜 Choby
口が歪んでますから、、、、残念
 

Honda F1現場監督・中本修平 「エンジン問題は解決した」

Nifty F1: March 2005 「エンジン問題は解決した」

中本監督「エンジン問題は解決した」 お待ってもしたこの一言。
あとは,琢磨選手の体調が完全であれば

Honda F1現場監督・中本修平レポート vol.46 「エンジンが足を引っ張ってしまった。」

 佐藤琢磨が突然の発熱で2日目から欠場。リザーブドライバーのアンソニー・デビッドソンに後を託すも、決勝レース序盤にオイル漏れが発生し、2台が相次いでリタイアを喫してしまった。
 
 前GPで、レギュレーションをうまく使ってのフレッシュエンジンだったのに、Honda 痛恨のトラブルでしたね。それもスタートして2〜3週という屈辱そのものでした。
 
 中本監督も、一時は相当へこんでいたようですが、そこは Honda スピリッツ 殆どが失敗の中にチャンスがあるはず。
 バーレーンで、吹っ切れた走りを見せては欲しいものです。
 
 実は、ものすごく不吉な夢を見た後のレース結果だったので、今度は絶対に ものすごく良い夢見てやるんだ。

CHOBYの待てシリーズ 025 スキありCHOBY!

7264be69.jpg
えっ 代わりに、 Chobyが寝ている??
って、本当かな。 (?o^)
 
の代わり れ幸いと て寝する Chobyに待ての 褒美をやり
 
仰向けに、間抜けな犬モードで 熟睡していたので、こっそりおやつを 鼻の上に置いてあげました。
 
さすがに気が付いたのですが、どうすればいいか、 しばし固まり思案する Chobyでした。
 
ものすごく、まぬけな反応で おかしいの。。。
(悪戯な主でごめんね)

フランスのシラク大統領 なぜ関空なの?

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 仏大統領が来日=関西財界人と懇談

大阪と太いパイプ???なんて 思いましたが、

大相撲「大阪場所」を見て、「愛知万博」見て、それから東京入り ですって!
なぁ〜〜〜〜〜るほど、今が旬の 日本訪問ですな。

でも、一番先に大相撲が さすが シラク大統領と、感服です。

Choby 春眠 年度末に忙中眠有

35a19245.jpg
主は、年度末で 秒針に追われておりますそうで、時間持て余す私。
 
「春眠に のたりのたりと 舟をこぎ 待てと言われる おやつを夢見」
 
おっと、よだれが出ます

Honda F1 マレーシアGP B・A・R Honda勢、2台共に完走ならず

第2戦 マレーシアGP 決勝レース
3月20日・日曜日(決勝レース) 天候:晴れ 気温:37C
 
Honda プレスリリース
 
午前中に引き続き炎暑の続くセパンサーキット。通常より1時間遅い午後3時からの決勝レースは、上空に広がり始めた雲のお陰で時折り日差しが遮られるものの、気温37C、路面温度53Cという酷暑の中で始まった。
 
午前中の2回目予選の結果、Lucky Strike B・A・R Hondaの2台は、前日の1回目予選と同じバトンが5列目、デビッドソンが8列目から決勝レースをスタートすることになった。フォーメーションラップを終えて、全車一斉にスタート。9番手からスタートのジェンソン・バトンは、スタート直後に2台を抜き、7番手にポジションアップ。逆に15番手スタートのアンソニー・デビッドソンは、スタート後の混乱で一つポジションを落としてしまい、16番手から追い上げる展開となった。
 
2周目、バトンが1コーナーでK・ライコネン(マクラーレン)を鮮やかにパスし、6番手に浮上。ところがちょうどその頃より、バトンのマシン後部から白煙が上がり始める。そしてペースダウンしたバトンのマシンは、コースサイドに止まってしまう。そしてほぼ同じタイミングで、デビッドソンのマシンにも同様のアクシデントが発生。デビッドソンのマシンも止まってしまい、レース序盤での2台同時リタイアという信じられない結果で、B・A・R HondaのマレーシアGPは早すぎる幕を閉じることとなった。優勝はポールポジションからスタートした、F・アロンソ(ルノー)だった。
続きを読む

Honda F1 マレーシアGP 辛いッす。。。

痛恨のリタイア。
 
今シーズンは、昨年伸びた分とレギュレーション変更で 踊場もあるかなと思っていましたが、厳しいですね。
 
琢磨選手の欠場もあったし、ちょっと、運やつきも 呼び込まないとね。
 
1%最後の成功まで、頑張れHonda! です。

Honda F1 マレーシアGP1回目予選でバトンが9番手。病欠の佐藤に代わったデビッドソンは15番手

第2戦 マレーシアGP 1回目予選
3月19日・土曜日(1回目予選) 天候:晴れ 気温:36C
 
Honda プレスリリース
 
マレーシアGP2日目の1回目予選で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンは9番手タイム。また熱のため欠場した佐藤琢磨に代わったアンソニー・デビッドソンは15番手だった。
午前中のフリー走行が始まる直前、チームは佐藤の欠場と、リザーブドライバーのアンソニー・デビッドソンが代役を務めることを発表した。佐藤は昨晩から熱を出し、メディカルセンターで検査および治療を受けていた。症状はさほど重くはないものの、今回の炎暑のレースが非常に体力を消耗することもあり、医師のアドバイスに従って出場を取りやめた。
午前中最初のフリー走行は、佐藤から代わったばかりのデビッドソンが、今回のGPでは初めての走行ということもあり、セットアップに集中しながら周回を重ね、14番手タイム。一方のバトンも午後の予選に向けてセットアップを行い、8番手タイムを出したもののセッション終了間際にマシントラブルが発生。続いて4回目のフリー走行で、デビッドソンは引き続きセットアップを継続し、10番手タイム。しかし、バトンのマシンは修理に手間取り、このセッションはまったく走れず。予選・レースに向けてのセットアップに不安を残すことになってしまった。
午前中は比較的涼しかったセパンも、午後1時の1回目予選開始時には、気温36C、路面温度は51Cと、ほぼ前日と同じ暑さが戻ってきた。デビッドソンは、今回が今季初めての出走のため、予選は1番目の出走となった。大きなミスも無く走り切ったものの、路面の状態が急変した影響で、フリー走行のタイムから1秒以上遅れる1分34秒866のタイム。最終的にはトップから2.2秒遅れの15番手。状況からすれば仕方のないところだ。
10番目に出走したバトンは、最初の区間で、その時点での最速タイムをマーク。その後フリー走行で走りこめなかった影響か、ややペースが落ちたものの、トップから1秒差の1分33秒616で9番手を獲得した。この日のトップタイムは、F・アロンソ(ルノー)。明日の2回目予選のタイムと合算された結果で、決勝グリッドが決定される。
続きを読む

Honda F1 速報:佐藤琢磨選手の病状について

Lucky Strike B・A・R Hondaドライバーの佐藤琢磨が体調不良のため、マレーシアGPを欠場することになったが、検査を受けた結果、佐藤選手の発熱の原因がウイルスによるものだということが判明した。発熱はまだ下がらず、この週末は休息をとることになった。
 
・Honda プレスリリース
 
■佐藤琢磨
「このレースに備えてハードなトレーニングを続けてきただけに、言うまでも無く、とにかく残念で仕方ありません。ドクターとチームと自分の体調について話をし、このようなハードなレースに出場するのは適切でないという彼らのアドバイスを受け入れることにしました。この機会に、アンソニーには是非とも頑張って欲しいと思います。今週末は、ドクターのアドバイスに従い、十分に休息を取り、次のバーレーンGP出場を楽しみにしています」
 
■アンソニー・デビッドソン
「まずは1日も早い、琢磨の回復を願っています。欠場しなければいけない辛さは良く分かります。残念な反面、自分にとってここセパンでのB・A・R Hondaでのレースデビューを楽しみにしています。レースドライバーにとって、ここマレーシアはとてもハードなレースですから、明日のレースは自分にとって大きなチャレンジになるでしょう。しかし、サードドライバーの役割は、このような事態に備えることなので、心身共に準備万端です。今朝のフリー走行では、十分に走り込めました。ラップタイムとマシンのバランスには満足しています。ベースラインが出来たので、明日は一所懸命頑張ります」
 
■ニック・フライ B・A・R Honda代表
「この時点でのドライバー交代は、言うまでも無く全く理想的なことではない。しかし琢磨のこの体調では、こうするのが最善の策だ。とても残念ではあるが、琢磨の早い回復を望んでいる。しかしながら、我々にはアンソニー・デビッドソンが控えてるので心強い。彼はサードドライバーとしての役割を完璧にこなし、このような時のための備えは万全だ。このような暑さと高い湿度の状態はタフなチャレンジとなると思うが、レースに向けて良いスタートを切れており、彼が我々チームのために素晴らしい仕事をすると確信している」

卒業式 シーズンですね

050318_1056~001.jpg打ち合わせに出かけた先で大学の卒業式が。 シーズンですね。 一期一会にカンパイ  
Social Bookmark It!
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
Nifty F1 News
Amazon.COM
鳥取県お知らせ(新着)
いかがお暮らし (?o^)
CHOBYです。お元気してる??
livedoor プロフィール

sonz

SONZなPR
天気になぁれ
プロフィール

sonz

最新コメント
最新トラックバック
CMS i-SITE PORTAL