株式会社だと出資額に応じて(株数)、色々な権利がありますが、LLPは組合で出資額に関係なく1組合員1票を持つことになります。
さらに、組合員の総意で運営することになるので、株式会社を作るような感覚で出資者を募ると、運営が大変になりそうです。

また、実際の事業に参加せず出資だけすることは、LLPではできないので、このあたりも注意が要るようです。

当事者同士が、仕事しやすいように 期限を決めてプロジェクトを進める。
やっぱり、これがLLPの目的とするところかな。