ブログネタ
F1 に参加中!
HRDプレスリリース

第4戦 スペインGP 初日フリー走行

5月11日・金曜日(初日フリー走行) 天候:晴れ 気温:23〜25度

 F1GP第4戦スペインGPの初日フリー走行で、午後、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは13番手、ルーベンス・バリチェロは14番手だった。

Honda Racing F1 Team 初日の展開:
 カタルニアサーキットは、朝から雲一つない青空が広がった。午前10時の1回目のフリー走行開始時点で、気温24度、路面温度31度という絶好のコンディション。コース上には、綿毛が盛んに飛んでいる。このセッション、バトンは22周を走行し、10番手。バリチェロは23周で、18番手だった。

 午後は、ハードとミディアムタイヤの比較を行い、午前中の2倍近い周回をこなした。バトンは39周を走って13番手。バリチェロは40周で、14番手だった。
■ジェンソン・バトン
1回目フリー走行 10番手 1分23秒114
2回目フリー走行 13番手 1分22秒808
「先週僕らはバルセロナで4日間テストしたから、今週のグランプリでのマシンパフォーマンスについては、ある程度予想できていた。今日は、いつも通り、予選と決勝を想定したマシンのセットアップを行った。前回のバーレーンGPからマシンの安定性に若干の向上がみられたが、ペースそのものは大きく変わっていない。とはいえ、ルーベンスも僕もかなりの距離を走れたので、今晩は集めたデータを見て、さらなる進化を目指したい」

■ルーベンス・バリチェロ
1回目フリー走行 18番手 1分23秒479
2回目フリー走行 14番手 1分22秒926
「今日は普段の金曜日と変わらなかった。ここはよく走っているサーキットで、僕らはここで先週テストしたばかりだ。マシンのパフォーマンスがどんなものか、ライバルと比べ、僕らのポジションがどの程度かもわかっている。マシンはバーレーンから進化しているし、レースペースはある程度良いが、予選での速さはいまひとつだ。明日のフリー走行で改善できるように、今晩は考える必要がある」

■ジャッキー・エッケラート Honda Racing F1 Team エンジニアリング・ディレクター
「予定したプログラムは、特に問題なくスムーズにこなせた。マシンコントロールについては、先週の合同テストからあまり変わりないが、コースコンディションが少し変化したため、今日は、両方のタイヤスペックを比較でき、レース戦略を立てる上で必要なデータをすべて取れて良かった。全般的に、マシンのパフォーマンスは少し改善がみられたが、まだまだ道のりは長い」