ブログネタ
F1 に参加中!
HRDプレスリリース
第2戦 マレーシアGP 決勝レース
3月23日・日曜日(決勝レース) 天候:晴れ 気温:30〜31度

 第2戦マレーシアGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトン10位、ルーベンス・バリチェロは13位完走だった。

Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開:

 今年のマレーシアGPは、現地時間午後3時から始まった。その時点で、気温30度、路面温度46度、湿度68%というコンディション。雨は降りそうもないが、暑く過酷なレースが予想された。

 Honda勢は、11番グリッドのバトンがソフト側のオプションタイヤ、14番グリッドのバリチェロがハード側のプライムタイヤを履き、レースに臨んだ。序盤、バトンはポジションキープ。一方のバリチェロは、16番手と順位を下げる。

 ほぼレース3分の1となる16周目あたりから、各車次々にピットへと向かう。Hondaの2台は20周目の時点で、バトン7番手、バリチェロ14番手までポジションを上げる。そしてバトンは22周目、バリチェロはその2周後の24周目に最初のピットイン。レース折り返し点の28周目で、バトン11番手、バリチェロ15番手で走行を続ける。
 43周目。バトンは再び7番手まで上がったところで、最後のピットイン。10番手でコースに復帰する。一方のバリチェロは39周目のピットインで、12番手に。しかしピットレーンでの速度違反に問われ、ドライブスルーのペナルティーを課されてしまう。これで13番手に後退。

 レース終盤、バトンはタイムを更新し、上位陣を上回るペースで走行を続けるものの、10位でチェッカー。ポイント獲得はならなかった。バリチェロは13位完走だった。

■ジェンソン・バトン 10位

Q.今日の順位は、RA108のパフォーマンスを表しているか?

A.今日はレースを完走できて良かったし、この週末からたくさんの有益なデータを得た。今のマシンパフォーマンスから言えば、10番手というポジションにはとても満足だ。僕らの前にいたマシンはほとんど完走しているから、全体的に見て、今日のポジションは、僕らの今のポジショをよく表わしていると思う。

Q.第3戦バーレーンGPに向けて、どう進歩していくのか?

A.僕らは正しい方向に進んでいて、常にマシンについての理解を深めている。だから、このままハードワークを続けて、2週間後のレースに向け、引き続き開発していきたい。

■ルーベンス・バリチェロ 13位

Q.今日のレースはどうだったか?

A.残念ながら、僕の週末は、土曜午前のフリー走行で走れなかった時点で妥協せざるを得なかったと思う。これにより、レースでバランスが欠けていた。レースの間は、アンダーステアに悩まされた。ピットレーンのスピード制限区間終了のマークがはっきりしていなかったから、2回目のピットストップの後に、ドライブスルーペナルティーを取られ、ポジションを1つ落とすだけで済んだとしても、運がなかった。

Q.シーズン最初の2レースで得たことは?

A.これまでの2週間でたくさんのことを学び、僕らの信頼性にはとても勇気づけられた。パフォーマンス面でやることはまだたくさんあるが、ヨーロッパラウンドを控え、これから数週間で行う開発プログラムで、実現できると思う。とても接近した中団のグループの中で、僕らはとてもコンペティティブだし、今日2台ともがタフなレースを戦い抜いたことが励みになる。僕らはポジティブな経験からも、ネガティブな経験からも何かを学び取っていくし、これからのレースで前進し続ける自信がある。

■ロス・ブロウン Honda Racing F1 Team チームプリンシパル

Q.今週末のチームとマシンのパフォーマンスに対する評価は?

A.この週末は、メルボルンと比べて全体的にスムーズに進み、ミスしたドライバーも少なかった。メルボルンが例外的な結果になりがちなのに対し、セパンはマシンパフォーマンスが表われやすい。、ルーベンスが3回目のフリー走行でトラブルを抱えたにもかかわらず、ジェンソンが10位、そのすぐ後ろでルーベンスもフィニッシュできたことは、大変勇気づけられる結果であり、より現実に近いペースを反映している。これからやることはとてもたくさんあるが、われわれはまさに一歩ずつ進歩し始めたところだ。

Q.開幕は勇気づけられる展開だったが、ヨーロッパに向けてはどのような開発を進めていくのか?

A.次の段階はバルセロナ(スペインGP)で、新しい空力パッケージを持ち込み、サスペンションコンポーネントも改良するつもりだ。もちろん、どのチームもアップデートしてくるが、われわれの開発ペースは大きいと思っている。ヨーロッパラウンドで、グリッドを上げることを期待している。