HRDプレスリリース

第11戦 ハンガリーGP 初日フリー走行
8月1日・金曜日(初日フリー走行) 天候:晴れ 気温:25〜28度

 第11戦ハンガリーGPの初日フリー走行で、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは16番手、ルーベンス・バリチェロは19番手だった。

Honda Racing F1 Team 初日の展開:
 前日には一時雨が降ったが、コース上は朝から完全に乾いている。午前中のフリー走行は、気温25度、路面温度29度というコンディションで始まった。しかし、ふだんあまり使われないサーキットのため、路面の汚れがひどい。それを嫌って、1時間半のセッションの40分以上、多くのマシンがガレージにとどまる。

 後半からは本格的な走行が始まり、Honda勢はセットアップ走行に専念し、バトンが27周、バリチェロも26周を走行。14、15番手だった。

 雲が見えるものの、午後には気温は28度まで上がった。これまでイギリス、ドイツと、天候不順や涼しいレースが続いたが、ようやく夏らしい週末になりそうだ。ラバーが乗るにつれ、路面状態も段々と改善されていく。このセッション、二人はスーパーソフト、ソフトの2種類のタイヤ比較などを行い、バトンは41周を走って16番手。バリチェロは33周で、19番手だった。

■ジェンソン・バトン
1回目フリー走行 14番手 1分22秒917
2回目フリー走行 16番手 1分22秒150

Q.ハンガリーGP初日の走行はどうだったか?
A.全体として今日はいい一日で、今週末初めてレースで使用する新しいリアサスペンションの理解を深めることができた。午前のセッションでは両エンドのグリップが低く、バランスに満足できなかったので、その後いくつかの改良を加えた。この変更のおかげで午後にはマシンのレスポンスが改善し、これまでのシーズンの中で、フィーリングが良くなっていると感じた。ロングランのペースは問題ないが、1周の速さに関しては、バランスを見極めていくことが必要だ。

■ルーベンス・バリチェロ
1回目フリー走行 15番手 1分23秒093
2回目フリー走行 19番手 1分22秒448

Q.一日目を終え、マシンを改良するためにはさらにどのような作業が必要か?
A.新しくしたリアサスペンションと空力パーツを使用し、セットアップ作業を行い、チャレンジングな一日だった。午前にトラックの状態が良くなったときは、マシンのバランスが適切でタイヤの状態も良かった。残念なことにアンダーステアに苦しんだので、今夜はデータをよく調べて、予選を前に正しい方向性を検討する必要がある。ここではオーバーテイクのチャンスが少ないので、グリッドが重要になる。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.今週末、ハンガロリンクではどのような点がポイントとなりそうか?

A.気温が高く、平均スピードが低いため、ここはいつもブレーキとエンジンに要求の高いサーキットだ。また、3週間後のバレンシアでは、同じように暑い週末を迎えることに留意しなければならない。したがって、エンジンのマネジメントがここでは特に重要になる。このサーキットの性質から、ブリヂストンはソフトタイヤとスーパーソフトを用意しており、グレイニングとオーバーヒートを避けるため、バランスを保つ必要がある。さらに、高温はドライバーにとってもレースをタフなものにするだろう。しかし、われわれのドライバーはこのような状態に対し、準備を万全に整えている。

Q.この週末にはいくつかのアップグレードを導入しているが、その作用はどうか?
A.われわれは今週末、いくつかの大きなメカニカル面でのアップグレードをマシンに施しており、また、シーズン中盤の空力開発も最終段階を迎えた。安定性と高速コーナーでのグリップについてははっきりとした改善が見えるものの、これらの開発によってマシンの性格は大きく変化しており、セットアップは発展段階にある。バランスを最適化するためにはまだやることがあり、それが今日のタイムシートに反映されている。