HRDプレスリリース

第11戦 ハンガリーGP 2日目・予選
8月2日・土曜日(2日目・予選) 天候:晴れ 気温:27〜31度

 第11戦ハンガリーGPの2日目・予選で、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは12番手、ルーベンス・バリチェロは18番手だった。

Honda Racing F1 Team 2日目の展開:
 2日目は、朝から晴れ。フリー走行の始まる午前11時には、気温はすでに28度まで上がった。ホンダは今週、空力や足回りなど改良を施したRA108を投入をし、その真価を試している。このセッション、バリチェロは15番手、バトンは17番手だった。

 午後には気温が、30度を超え、路面温度は41度に達した。中団グループは、熾烈な戦いを繰り広げる。第1セッションの1回目アタックから次々に1分20秒台へと突入していく。さらにトップ集団は、1分19秒台へとタイムを更新していく。しかしホンダ勢は1分21秒台前半と、一歩出遅れる。

 バトンは3度目のアタックで1分20秒台に入り、15番手につけ、第2セッションに進む。一方のバリチェロは、終盤にさしかかるターン11でのミスにより、タイムを更新できず、18番手に終わった。

 第2セッション。バトンの1回目のタイムは、1分21秒087。第1セッションで出したタイムを更新できない。その間にライバルたちは、1分20秒台前半から19秒台までタイムを縮めていく。この時点でバトンは、13番手。最終セッション進出を目指し、最後のアタックに出る。

 ここでバトンは、10番手のN・ピケ(ルノー)にコンマ2秒及ばなかったものの、コンマ7秒タイムを縮め、12番手となる1分20秒332のタイムを叩き出し、予選を終えた。

■ジェンソン·バトン
3回目フリー走行 17番手 1分21秒772
予選12番手  1分20秒332

Q.12番手という結果に喜んでいるのでは?
A.今日はQ2の最後の走行でいくつかグリッドを上げて、12番手といういいポジションにつけることができて満足している。マシンに施したアップグレードで、確実に進歩しているし、特にリアサスペンションの効果が出ている。このおかげで、マシンは日曜にかけてさらに良くなるだろう。今日はマシンから最大限のパフォーマンスを引き出した。トップ10から0.2秒しか離されていないことに勇気付けられる。これだけ差をつめたのは久しぶりだ。僕は路面が汚れている側のグリッドからのスタートで、これは不利だが、明日はそれでもこの位置からいいレースができるはずだ。

■ルーベンス・バリチェロ
3回目フリー走行 15番手 1分21秒703
予選18番手  1分21秒332

Q.残念な結果だったが、何が問題だったのか?
A.タイヤ選択がとても難しく、厳しい予選だった。僕はスーパーソフトのオプション(ソフト側)タイヤの方が若干いいように感じたので、最後のアタックもこれでいくことにした。第1セクターは良かったが、11コーナーの進入が速すぎてミスを犯し、そのラップを無駄にしてしまった。そのせいでQ2進出のチャンスを逃し、タイムを更新できず、18番グリッドからレースをスタートすることになった。とにかく、レースに気持ちを切り替え、集中したい。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.ジェンソンの今日の結果は、今週末、新しいアップグレードを施したことによる成果だったのでは?
A.12番手は今日欲しかったポジションであり、その通り、われわれは中団にまた少し近づくことができた。新しいメカニカルな開発のおかげで安定性が増し、今週末のマシンはさらにバランスが良くなった。ジェンソンは大事なときにすばらしいラップタイムを出してくれ、われわれは明日のレースに対して前向きでいられる。

Q.このグリッドポジションを活かし、レースではどの辺りを目標にしているのか?
A.残念ながら、2台とも路面の汚れている方からスタートするので、最初のコーナーでポジションを守れるかがポイントだ。ジェンソンは、燃料を自由に積めるので、戦略とピットストップ作業によって、トップ10を狙える格好の位置にいる。ルーベンスにとっては、セーフティカーやその他の出来事がない限り、難しいレースになりそうだ。われわれは常に気を抜かず、どんなことでも、何かが起こった際にはそれを活用していかなければならない。