HRDプレスリリース

第13戦 ベルギーGP 初日フリー走行
9月5日・金曜日(初日フリー走行) 天候:曇り時々雨 気温:15〜18度

 第13戦ベルギーGPの初日フリー走行で、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは17番手、ルーベンス・バリチェロ18番手だった。

Honda Racing F1 Team 初日の展開:
 南国の暑さだったバレンシアから一転、アルデンヌ山中にあるスパ・フランコルシャンは、すでに秋の涼しさだ。しかもこの週末は、不順な天候と報じられている。初日も朝からどんよりとした天候だ。路面温度は気温とほぼ同じ16度。このセッション、バトン、バリチェロはそれぞれ25周ずつ走行し、19、20番手だった。

 午後も灰色の雲が、サーキット上空を覆っている。気温17度、路面温度は16度と、午前中からほとんど変わっていない。開始後26分、「ウェットトラック」が宣言された。ピット付近はそれほど降っていないが、場所によってかなり違うようだ。路面はかなり滑りやすく、まずK・ライコネン(フェラーリ)がスピンし、コースアウト。さらに、G・フィジケラ(フォース・インディア)もターン9でクラッシュし、約10分間の赤旗中断となる。再開後はタイヤ比較などを行い、バトン17番手、バリチェロ18番手だった。

■ジェンソン・バトン
1回目フリー走行 19番手 1分50秒464
2回目フリー走行 17番手 1分50秒925

Q.スパはあなたのお気に入りのトラックの一つだが、RA108にとっては難しいスタートとなったのでは?
A.この週末、シーズン中で最もチャレンジングで楽しいサーキットの一つと言えるスパに戻って来れてうれしいけれど、今日のフリー走行は厳しい状況だった。涼しく、湿度が高い状態で、タイヤを温めることが非常に難しかった。フロントのグリップがほとんどなかったが、このサーキットでグリップが低いと、コーナーでのキャンバーを考えると、特にとても難しくなる。アンダーステアにも苦労した。しかし、先週のテストや今日の走行でたくさんのデータを得ているし、これを今夜調べて、予選前までにマシンを改善したい。

■ルーベンス・バリチェロ
1回目フリー走行 20番手 1分50秒905
2回目フリー走行 18番手 1分51秒238

Q.今日のプラクティス走行ではどのような問題が生じたか?
A.午後にはマシンバランスに満足できるようになっていたが、リアエンドにはとても苦戦し、一日を通して挙動が予測不能だった。午後に降った雨は僕らの助けにはならず、走行時間が限られてしまったが、それは誰にとっても同じことだ。今のところ、トラックとコンディションは僕ら向きではないが、週末を通して激しい雨が降るように祈っている。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.何が今日のパフォーマンスに最も影響したか?
A.ここでの最大の問題は、どちらのコンパウンドに対しても、温めることに苦戦したことだ。われわれのタイヤ温度が他のチームに比べて低いのはそうおかしいことではないが、涼しく、湿度の高い状態になると、多くのグリップを失ってしまう。高いダウンフォースの部分では競争力があるようだったので、ウイングを立てすぎて、ダウンフォースをつけすぎているのかもしれない。

Q.今後、どのような進展がありそうか?
A.タイヤの温度はスパで常に問題になることだが、午後のセッションの最後に、ルーベンスのマシンで良い変化が見られ、いくらか進展があった。トラックがこれからの日程で改善していけば、これが間違いなく役に立つだろう。そうなれば、グリップが増し、結果としてパフォーマンスが上がることになる。これからの週末で、空力のパフォーマンスについても、詳しく調べたい。