HRDプレスリリース
第15戦 シンガポールGP 2日目・予選
9月27日・土曜日(2日目・予選) 天候:晴れ 気温:29〜30度

 第15戦シンガポールGPの2日目・予選で、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは12番手、ルーベンス・バリチェロは18番手だった。

Honda Racing F1 Team 2日目の展開:
 2日目フリー走行は夕焼けを背景に、午後7時から始まった。各マシンは次々に1分45秒台へと突入して行く。初日から好調のバトンは、終盤プライムタイヤを履き、1分45秒台前半のタイムで2番手に。最終的には6番手で走行を終えた。初日マシンバランスに苦労したバリチェロも、14番手につけた。

 午後10時からの予選は、気温30度、路面温度31度の中、スタートした。雨の心配はなさそうだ。Hondaの2台は第1セッションの最初のアタックは、オプションタイヤで臨む。2セット目には、バトンはプライムタイヤを履き、暫定10番手をマーク。しかしバリチェロは先行車に行く手を阻まれ、アタックを断念し、3セット目もプライムタイヤを履き、第2セッション進出を賭ける。しかし、F・アロンソ(ルノー)のスピンでイエローフラッグが振られ、タイム更新ができず。18番手に終わった。一方のバトンは14番手で、第2セッションへと進む。

 開始早々、初日から絶好調だったF・アロンソ(ルノー)が、コース上で止まってしまうトラブルが発生した。1回目のアタックでバトンは、暫定12番手にとどまる。そして2度目のアタックでコンマ4秒以上縮めるものの、トップ10に入るにはコンマ2秒及ばず、12番手に終わった。
■ジェンソン·バトン
3回目フリー走行 6番手 1分45秒409
予選12番手  1分45秒133
Q.新しいシンガポールの市街地サーキットで、力強い走りができ、喜んでいるのでは?
A.今日の予選パフォーマンスにはとても満足だ。ここ数戦から、大きな進歩が遂げられた。最後のアタックは、セクター1でひどいアンダーステアとグリップ不足が影響したが、納得している。また、Q2で戦うペースを取戻せて良かったと思う。グリップについては、このレースウィークがスタートしたときに既に直面した問題だったが、これも、今日の予選と明日のレースに向け、準備を整えるためのいい素材になった。

■ルーベンス・バリチェロ
3回目フリー走行 14番手 1分46秒073
予選18番手  1分46秒583
Q.今日の予選ではどのような問題が起こったのか?
A.残念ながら、僕らの予選はうまくいかず、トラフィックのせいでもっと上のグリッドポジションを逃した。2回目のアタックで、ハイドフェルドにひっかかったことが、ラップに影響してしまった。その後、最後のアタックでは、僕の前でアロンソがスピンし、イエローフラッグが振られたために、最終セクターでタイムを上げることができなかった。今日はマシンの感触が良く、ここ最近の予選パフォーマンスに比べて改善することができそうだっただけに、残念だ。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.チームはこの週末、戦闘力を発揮しつつあるが、その理由は?
A.シンガポールはダウンフォースが最大になるサーキットで、RA108はこういったサーキットで戦闘力を発揮する。正しくセットアップするのは難しいが、われわれは夜の間にいくつかの改良を行い、その成果をジェンソンの結果に見ることができた。ジェンソンの予選は力強く、トップ10を争うだけの力が確かにあった。ルーベンスにとっては悔しい週末で、Q2に進むだけのペースはあったが、今日は残念ながらトラフィックやアクシデントが重なり、これが、Q1での彼の走りを邪魔した。

Q.明日のレースはどうなりそうか?
A.明日のレースは、非常におもしろくなりそうだ。まさに市街地サーキットらしく、レースに難しい状況を引き起こすだろう。これまでになくバンピーな路面は、ブレーキの消耗とあいまって簡単に問題を起こすだろうし、コース上にストップするマシンのせいで、セーフティカーの出動も十分考えられる。このようなコンディションで61周を走るのは、ドライバーにとって大きな挑戦となり、集中力を保つのは難しい。われわれは集中し、どんなチャンスも活かすべく準備を整えておく必要がある。何より、チームもドライバーも、明日、ここシンガポールで行われる史上初のナイトレースを、とても楽しみにしている。