2004年FIAフォーミュラ1世界選手権 第18戦
HRDプレスリリース

Lucky Strike B.A.R Hondaは今週、2004年シーズン最終戦を戦うべく、ブラジル・サンパウロへと飛ぶ。舞台は同市郊外の、数々の歴史的なレースが行われたインテルラゴスサーキットである。
チームはシーズン終盤に来てさらに調子を上げ、イタリア、中国、日本の各3戦とも11ポイントをマーク。ジェンソン・バトンと佐藤琢磨はその勢いを駆って、コンストラクターズ選手権2位の座を確定すべく、最終戦を戦う。

■中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「鈴鹿用スペシャルエンジンは、日本GPで予想通りのパフォーマンスを発揮してくれました。さらに今回のヘレステストの結果も良く、最終戦のインテルラゴスは大いに期待できそうです。コンストラクターズ選手権2位の座は申し分ないものですが、来季はさらに上を狙いたいと思います」
続きは>> Honda Webサイト