HONDA F1 第18戦 「ブラジルGP決勝で佐藤が6位入賞、B・A・R Hondaはコンストラクターズ選手権2位を獲得」
2004年FIAフォーミュラ1世界選手権 最終戦
ブラジルGP ブラジル・インテルラゴスサーキット
最終戦 ブラジルGP 決勝レース
10月24日・日曜日(決勝レース) 天候:曇り時々雨 気温:24C
HRDプレスリリース

最終戦ブラジルGPの決勝レースで、Lucky Strike B・A・R Hondaの佐藤琢磨が6位入賞。ジェンソン・バトンはリタイアに終わったものの、今回のルノーとの獲得ポイント差により、B・A・R Hondaの2004年コンストラクターズ選手権2位が確定した。

■中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「コンストラクターズ選手権2位獲得は、B・A・R Hondaチーム全員にとって、素晴らしい結果です。レースにおいて、我々は素晴らしい経験をし、そしてシーズン中は、多くの表彰台獲得を祝うことができました。心から栃木研究所やHRDはもちろん、B・A・Rの皆の努力に感謝したいと思います。この飛躍は、これら皆の頑張りの結果です。琢磨選手にとっては、チームが必要としていたポイントを獲得し、良い仕事をしてくれたと思いますが、ジェンソン選手は、エンジントラブルでリタイアとなってしまい、とても残念です。コンストラクターズ選手権2位という結果からモチベーションを引き出し、来年はライバルチーム達に負けないよう、更に頑張って行きたいと思います」
続きは>> Honda Webサイト