HondaF1チームB・A・Rに資本参加


  Hondaは、四輪モータースポーツの頂点であるF1活動において、体制をより一層強化し、ワールドチャンピオンを獲得するため、F1チームB・A・Rに資本参加を行う。出資比率は、Honda45%、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が55%となる。


(HONDAプレスリリース)


--- Wirte by sonz
いよいよ本格的に動きが出てきそうですね。
今後のさらにさらに上へ、一段と高いレベルの活躍を期待します。
---

B・A・Rは、引き続き英国ノーザンプトン州ブラックリーを本拠として、同バークシャー州ブラックネルにあるホンダ・レーシング・ディベロップメントリミテッド(Honda Racing Development Ltd.)と連携してF1レースに参戦する。

Hondaは2000年にB・A・Rとの間で、車体共同開発を含むエンジン供給契約を締結し、F1世界選手権に3度目の参戦。2001年12月に、車体共同開発の強化を含めた2002年からの3年間の契約に更新した。今年の7月には、2007年シーズン末までの契約延長に合意、開発体制の更なる強化を図ってきた。

F1世界選手権にチャレンジしてから40周年目にあたる今シーズン、Lucky Strike B・A・R Hondaは、昨シーズンのコンストラクターズランキング5位から2位へ大きく躍進した。

今回、Hondaはエンジニア、ハードウエア、資金面でよりF1チームと一体化し、Hondaならではのリソースを最大限に投入できることになる。来季以降もLucky Strike B・A・R Hondaは、更なる飛躍を目指した新体制のもと、ワールドチャンピオン獲得を目標にF1世界選手権にチャレンジして行く。

■伊東 孝紳(いとうたかのぶ)  本田技研工業蠑鑢骸萃役のコメント
「今回の決定は、HondaとB・A・Rの協力関係の自然な発展であり、両者のパートナーシップにおける重要な意味を持つ。今回のコミットメントにより、HondaはB・A・Rとの協力体制をより強固なものとし、引き続きF1へのチャレンジを行っていく。」

■アントニオ・モンテイロ・デ・カストロ ブリティッシュ・アメリカン・タバコCOOのコメント
「我々は、今シーズン中に大きな進歩を遂げたチームに対し、Hondaがより大きな関与を望んだことを、とても嬉しく思います。」