先日の博多駅で感じた個性的なデザインの車両たちは、JR九州の拘りなんですね。
その車両デザインを担当する水戸岡鋭治氏が主宰する ドーンデザイン研究所(東京都板橋区)では、我らが「スーパーはくと」のデザインも手掛けていたようです。
妙に嬉しいつながりです ね。

岡山のご出身ということで、かわいいあの超低床電車“MOMO”も、その手によるとか。
今度、岡山で MOMO に乗ってみなくては♪♪

【鉄道ファン必見】JR九州「水戸岡鋭治のお仕事」(中)好奇心の塊…斬新過ぎるデザインでブルネル賞
続きを読む