ブログネタ
◆F1◆ に参加中!
HRDプレスリリース
第15戦 日本GP 決勝レース
10月30日・日曜日(決勝レース) 天候:雨 気温:17〜18度

 第15戦日本GPの決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのルーベンス・バリチェロは10位完走。6番グリッドからのスタートのジェンソン・バトンは、序盤で接触し、大きく後退。最終周でも接触し、途中で止まってしまったものの11位完走扱いとなった。

Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開:

 決勝当日も、朝から雨。しかも雨量は、土曜日をしのいでいる。午後1時半からのレースは、セイフティカー先導によるローリングスタートとなった。2周目にフェリペ・マッサ、3周目にキミ・ライコネンと、タイヤ交換のため次々にピットイン。2列目からのスタートしたフェラーリ勢が揃って後方に落ちたことで、バトンは4番手に上がった。バリチェロも14番手だ。

 雨足は一向に衰えず、セイフティカーは、19周目まで導入され、その後レースが再開した。バトンは1コーナーでハイドフェルドと接触。フロントウィングを失って、5番手に後退。23周目まで粘り、ノーズ交換のために緊急ピットイン。これで20番手まで順位を下げた。

 折り返し点を過ぎた34周目。バリチェロは17番手、バトンは依然として20番手だ。そして後半の42周目。アロンソがクラッシュして、再びセイフティカーが導入される。この時点でバリチェロは、12番手までポジションを上げている。バトンは17番手だ。

 さらに46周目。2、3番手にいたウェバーとヴェッテルが接触し、両者のリタイアにより、バリチェロは一気に入賞圏内の8番手に上がる。バトンも13番手まで上がった。そして終盤58周目。3番手を走っていたマッサがピットイン。これでバリチェロは7番手に。しかし60周目にピットインし、12番手に後退する。一方のバトンは11番手。66周目に上位を走るハイドフェルドがストップし、10番手に。そのままチェッカーを受けるかと思われたが、最終周に佐藤との接触でストップし、11位完走扱いとなった。バリチェロは10位に終わった。 続きを読む